年齢で変化する手相を見極めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年齢で変化する手相を見極めよう

手相は年齢や仕事の様子などで変化することが多く、自分自身でその手相の変化に気づくことによって、すぐに対策も練られるでしょう。

ある一定の年齢とともに手相が変化する可能性が高いとされているので、参考にしてみてください。

20歳までに手相が変わる

学生のうち、成長期にはちょっとした勉強の努力や友人関係の変化で、手相が柔軟に変化すると言われています。身体が成長するときなので、手相がそれに合わせて変化するのも、何もおかしいことはないです。

しかし、それだけ様々な方向に運命がブレるので、生まれつきの手相をしっかり理解して、自分に合っているものとあっていないものを見極めるくらいはできたほうが良いでしょう。

手相では積極的な手と消極的な手を区別して占うため、右手が生まれつき、左手が自分の人生で歩んできた手とは言い切れないものです。聞き手や指を重ね合って、どちらの手の親指が下に来るかで見るべき手相も把握しましょう。

30代までに手相に変化が起きる

多くの場合、手相は20歳から30歳の間にも変化します。結婚適齢期ということもあり、結婚をして手相に変化ができる人もいれば、出産を経て手相が変わる人も多いです。男性でも仕事の向き不向きや仕事の成功度合いに応じて手相が変化するため、30歳までにも手相は変わる可能性があると思って行動しましょう。

特に、良い方向に向かっていれば手相に妨害線などが出ることはあまりないですが、間違った道に進んでいたり、悪いことをしていたりすると妨害線や手相の途切れが発生します。

その後の人生においても、仕事の大きな失敗や解雇などは影響してきますので、真面目に仕事をして自分自身で大きなトラブルを招かないようにするのも大切です。

50歳までに変化が起きる

年齢を重ねていくとまた手相には変化が出てきます。一般的に50歳となると多くの方が子どもの独り立ちや高校生の子どもの反抗期を迎えることになり、家族としては超えるべき山が一つ増えるようなライフステージにいることが多いです。

この時には病気になる人も多く、手相にも病気の予兆や家族のトラブルに関する問題が出てくることがあるため、手相を日頃からチェックしておき、嫌な方向に向かう手相の変化がないことを確かめながら着実に一歩一歩進んでいきましょう。年齢とともに変化するライフステージに応じて手相や家族の手相は変化します。

それぞれの歩むべき人生は異なるため、日頃から自分自身で手相を見れるのは大きなメリットになります。毎回同じ占い師に手相を見てもらえれば細かなところまで分析できますが、家族全員の手相を占ってもらうと金銭的な負担も大きくなるので、自分自身で手相を見れることのメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加