手相資格を取得するための基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手相資格を取得するための基礎知識

手相資格を取る前にいくつか学んでおくと良い事があります。特に、日々変化してしまう手相をどう見るか、人によって全く異なります。

理論を知っただけでは実際の手相に向き合った時に、明確に判別できないこともあるため、実践的な学習が大切になります。

両手の違いは何を意味する?

手相を見ていくと両手が全く異なる手相をしている人が多くいらっしゃいます。逆に両手が全く同じ手相になっている人は少なく、こうした左右の違いも手相占いの参考になります。この時に大切なのが、右利きの人は、左手が生まれ持った運命を示している手で右手が努力によって生じた手相だということです。

左利きの方はその逆で、右手が生まれ持った運命を示していて、左手が自分が歩んできた結果を示しています。両手の違いは元々の手相と、努力して歩んできた結果生まれた手相のそれぞれを示していることになりますので、両手を見ると言うのは非常に重要です。

手相の国家資格はない

手相占い師にかぎらず、占い師になるのに資格は必ずしも必要ありません。必須ではないですが、資格があったほうが相談者から信頼してもらえるのは事実です。実績をいくら重ねて伝えても数字はいくらでもごまかせてしまう側面もあります。そのため、相談者の信頼を得る際、資格を持っていたほうが確実に役に立ちます

国家資格が無いからこそ、パームリーディングアドバイザーや手相鑑定士といった資格の存在は、手相をこれから学び始める人にとっては一つの指標として活用できます。

手相で学ぶことはかなり細かく、非常に多くの情報を暗記する必要がある上、たくさんの手相を見て学ばなければいけません。そのため、座学だけでは解決できないことも多いです。

手相を学ぶ時は実際に人の手を見て学ぶ必要があることを理解して、しっかり現場で占いができるように学んでいきましょう。

手相占いと他の占いについて

手相占いでは、その人自身の手を見て運命や運勢、将来のことを判断していくことになります。手相だけみてもその人の持っている本質や運命は判別しきれないため、西洋占星術やホロスコープなども合わせてみていくのが理想です。

名前と生年月日を入力することでその人の運命星や星座、吉方位などを分析することができるため、そのようなツールも活用しつつ占いを実践していくことで、より相談者の詳細な未来と運命を見極めることができるでしょう。

卦による分析は決して簡単ではないですが、ある程度体系的になっているため、コンピューターを使用して分析の助けとするのはおすすめの方法です。

まとめ

手相占い資格を取得する際は、手相で分かることと手相でできない部分をどう補うか考えて学びを深めていきましょう。

基礎知識として手相の特徴を学び、実際に人の手を見て手相を見れるようにしていくことによって、良い占い師になれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加