手相は夫婦やカップルで似てくることもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手相は夫婦やカップルで似てくることもある

手相は親子や夫婦、長くいる友人同士で似てくることがあります。

血のつながっていない親子でも、長く似た生活をしていると手相が影響し合うことがあるので、事前に理解しておきましょう。

手相資格をさらに深めよう

手相資格を取得する過程で、手相の基本は十分学べますが、さらに手相を深めて学ぶことによって、もっと深い占いが出来るようになります。一般的には右手と左手の手相を比較して占うものですが、左右の手相にどんな差があるか見た時に、全く異なる手相をしていることはよくあります

その場合、同席者やパートナーの手相を見ると、その方のどちらかの手相と似てきていることがあるため、同席者がいる場合にはその方の手相も見せてもらったほうが良い占いができます。

先生と教師、夫婦、親子で比較して、その相談者にとって最も影響力の強い人を手相から見分けられる可能性があります。左右の手相が異なっている原因を探るのは意外と大切です。

運命に逆らって生きている可能性

左右の手相が異なっている場合は、生まれ持った右手の手相の示す運命に逆らって、実力を発揮できないで生きてしまっている可能性も十分あります。それぞれの生き方や、やりたいことには差があるものですが、親や先生、恋人の影響で思い通りの生き方ができていない場合、他者の鑑賞や束縛が強すぎて運命や本質を害されている場合にも、左右の手相に大きな違いが生じます

左右の手相が異なる場合には、必ず家族や友人、パートナーに似た手相の人がいないかどうかチェックしてもらい、いない場合には運命や本質に合った生き方ができていないことを伝えましょう。

親の手相は大切

赤ちゃんや乳幼児のうちはまだ手相が安定しておらず、成長とともに手相も変わりますが、小学生を卒業する頃にはだいたい手相も安定してきます。たいていは、それまでに出会った人々や親の影響を受けて手相が変化するため、まず最初に親の手相と比較するのが大切です。

親の手相に似てきている場合には、ある程度成長途中に起こりうる事を予測できるため、事前に怪我予防や結婚チャンスのある年齢などを予測して行動することができます。

大学進学や結婚のタイミングがわかれば親としても学生本人にとってもメリットがあるので、手相占いで親子一緒に見れる場合にはしっかり比較しましょう。親子で手相は似てくることが多いので、手相チェックをする時は忘れずに両親の手相も覚えていられるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加