手相の歴史と日本での認識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手相の歴史と日本での認識

手相占いは、元々はインドから始まったと言われています。変化が起こることを前提とする易学という知識体系を元に手相文化も発展し、日本にも仏教とともに伝わったと言われています。

手相は最近一気に広まった

古来より手相の存在はあり、占いや人の本質を見るために活用されていましたが、ヨーロッパではカトリックの教えに反するとして手相が受け入れられず、最近になってからようやくヨーロッパでも手相が広がり始めました

また、日本においても手相という文化はまだあまり普及しておらず、存在だけ知っていても、実際になにが分かるのかまで理解している人は非常に少ないです。人の性格や本質を理解するのを助けるためのものでありながらも、科学的な根拠や遺伝的な関係性は分かっておらず、まだまだ研究段階にあるものと考えるのが正しい判断です。

手相は指の動かし方によって変化する可能性がありますが、数日から数週間で一気に手相が変わることはありません。怪我をしたり、元々合った手相に気づいていなかったり、仕事や生活が変わったりしていない場合、手相も変化するきっかけがなく、そう簡単には変わらないものと考えられています。

日本の手相文化

日本では占いの一つとして手相を見る慣習があります。個人の趣味から本格的な占い、透視や霊視まで担っている手相占い師も存在します。必ずしも胡散臭いものだけではなく、かなり不本意に感じながらも言い当てられてしまうような人も多くいらっしゃいます。

占い師のスキルや実力に応じて手相占いの質も変化し、本当に力のある人であれば、日本では手相占い師としても活躍するのは簡単です。

インドや中国に比べるとまだ手相占いの文化は浸透しきっておらず、手相の詳しい意味などは一般人が覚えていることはあまりないです。年齢が上がるに連れて手相に触れ合う機会も増えますが、そこまで重要視されていない場合が多いです。

問題が起きてから占いを頼る

多くの人は何か問題を抱えたり、不安を抱えたりしてから占いを頼るため、その事象を手相から判断したり、解決方法やアドバイスを手相に求めたりすることもあります。手相から分かる相談者の本質や特性は悩んでいる人にとっては解決策の一つとして活用できます。

しかし、正確には生活や仕事のスタイルを変えないと根本的解決にはならないため、その人になにが向いているか、不向きな分野は何かなど、具体的な提案ができたほうが手相占い師としては成功する可能性が高まります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加