手相の分析の仕方と手相の覚え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手相の分析の仕方と手相の覚え方

手相を分析する時は、まずは一般的な手相を中心に分析し、細かな手相はその後に見ていきます。

通常は手相を見ながら紙に手相を書き込んでいって占いをするため、書き込みすぎてわからなくならないようにしましょう。

手相の見方を学ぼう

手相で最も有名なのは結婚線、生命線、知能線といったもので、まずはこれらを中心に分析しましょう。大きくて見やすい手相の側にさまざまな手相が出るようになっているので、細かい手相を見るのはその人のおおまかな本質を見てからにすると良いでしょう。

素人では気づかないような手相や、一般的に珍しい手相がある場合、経験の浅い占い師では見逃してしまうことがあるため、結局は経験が大切になってきます。

手相資格の勉強に合わせて知識を身につける時は、少しでも多く手相を学んで判断できるようにしましょう。手相もどの方向から出ているかによって、結婚のチャンスが生まれる年齢や、事象が起こりうるタイミングも把握できるため、妨害線等がある場合にはどんな時に問題が起きるのか見るのも重要です。

手相を覚えるなら経験必須

座学で手相の知識を身につけるのは難しく、人それぞれに全く異なる手相の違いを見て、相談者に上手にアドバイスする必要があります。同じ生命線も、個人差によって線の位置や長さが異なるため、勘違いのないようにしなければいけません。

手相資格で学ぶときには、きれいで分かりやすいイラストや例を見ながら覚えられますが、実際には手相はかなり差があるため、判別が難しいです。手相の特徴や意味する内容はある程度暗記していないと、現場で何の提案もできなくなってしまうでしょう。

資格取得のための講座などで学びながら、人それぞれの手相に現れる差異を読み取れるようにしましょう。時には先輩占い師に教えてもらって違いを学ぶのも大切です。

手相を覚える方法とポイント

手相をただ暗記するのは難しいですが、本物の手を見て手相をリサーチして判断していく、という方法を繰り返すのが一番効率的です。実際の占いで、珍しい手相は簡単には学べないですが、先輩占い師の持っている知識を分けてもらったり、そのような特殊な手相を持っている方をSNSで探して見せてもらうというのもありです。

手相占いは知識と経験が合わさって、はじめて現場で生かせる技術となるので、資格を取得した後もじっくり経験を積んでいきましょう。手相は人によっては紙に書いて覚えるのも良いですが、現場で虎の巻などを見ることなく判断できるように、経験をしながら学んでいくのが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加