手相の違いと遺伝の影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手相の違いと遺伝の影響

手相は親子で若干遺伝する場合があり、親子で手相占いをみてもらう時には、親の手相を確認することで、ある程度子どもの運命を予測できる場合があります。

そのため、親の手相を写真などで見せてもらって潜在的な手相の可能性を探ってみるのもよいでしょう。

両親の手相を見てみよう

母親、父親どちらの手相を強く受け継いでいるか見れば、多少なり子どもの運命や本質も手相からチェックすることができます。隔世遺伝と言うものもあるため、できれば祖父母の手相も見せてもらえれば理想的です。

誰の手相を強く受け継ぐかはわからないので、自分自身の手相占いを受けてもぱっとしない場合は、両親の手相をみてもらうと納得できる場合があります。既に両親のどちらか、両方が他界してしまっている場合には知る手段はないですが、まだ健在ならば手相を写真などで送ってもらってみてください。

手相以外にも遺伝で耳の形や目の形、指やひじの関節なども親に似てくるため、親子で何が似ていて、何が似ていないか確かめておく事は意外と意味があるものです。

手相と遺伝の関係

遺伝というのは、親のもつ形質のことで、子どもは親の身体的特徴や精神的思考などが似てくる場合が多いです。目の色や髪の毛の質、慎重などが遺伝することもあり、もちろん手相も若干親から受け継ぐと言われています。

手相だけでなく、爪の形や腕の関節の曲がる角度なども親子で似るため、手相占いをする時には、比較的親の影響を受けていると言われる右手の手相をしっかり分析するのも重要です。

真剣に手相占いをする場合は、相談者が生まれた時の両親の手相を見ることで、相談時に見れる手相から相談者が生まれた時の手相を予測し、相談者の右手の現在と比較するとよりその違いが明確になります。手相も遺伝の影響を受けますので、しっかりチェックしてみましょう。

手相資格で手相のプロになれる?

手相資格を取得すれば、手相についての基礎知識や手相占いをするための知識があることを証明できます。しかし、手相を見れるからと言って、いきなり占い師になれるわけではないので、経験や分析力をどんどん学んで向上させていく必要があります

手相資格取得を目指して勉強することによって、手相の知識も途中で挫折することなく、最後まで学び切ることができるでしょう。手相のプロになるには、かなり多くの人の手相を見せてもらって学ぶ必要があります。

最低でも1000人、可能であれば1万人以上の手相を見せてもらって、実地で手相を学んでいきましょう。結局手相占いは経験が全てになるので資格取得後も努力を続けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加